「広告×ベンチャー」から「ありがとう×スタートアップ」への転職で毎日がお祭りに!!

みなさまいつもthanks! 田中です。


広告ベンチャーから「thanks!」のセールスへと転職した「メグ」こと「クシモト」さん。抜群の頭の回転と分析、整理能力の高さを誇るチームアルトのエースをご紹介します。




-- まずは簡単に自己紹介をお願いします。


初めまして。株式会社アルトのクシモトと申します。私は現在、感謝・ほめるに特化したコミュニケーションサービス「thanks!(サンクス)」の営業及びサポートを担当しています。「コミュニケーションを活性化してイキイキ働ける人を増やす」という思いで提供しているサービスです。職場やチームに関わる様々な問題を解決したいという意思を持つお客様に、「thanks!」という手段を用いて解決に導くお手伝いをしています。


学生時代は「イラスト」と「バドミントン」の二軸に注力してきました。中学・高校・大学を通じて、その2つの部活を兼部していました。

新卒では、スマートフォン広告会社に入社し約6年勤めました。私はまさに広告志望で、更にベンチャー企業に強い興味があったので、広告×ベンチャー企業である同社にご縁があったことがとても嬉しかったことを覚えています。業務内容としては、自社運営・企画のアドネットワークサービスの営業、および企画や運用管理に携わりました。


私は仕事を通じて「自己成長」を図りたいという軸をもっていて、ベンチャー企業ならではのスピード感のある仕事、時に必要に迫られて習得していく体当たり的な経験は自分の力になりました。”自分が”いかに成長するか、認めてもらえるかに固執していた時期もあったのですが、同社で得た経験で一番幸せだったことは、「チームで働く楽しさ」を実感できたことだと思います。


新卒で入った会社なので、誰よりも愛着を感じていました。しかし思うところがあり、自分自身の新たな挑戦のため転職を決意し、現在に至ります。




-- ありがとうございます。「チームで働く楽しさ」って誰もが実感できることではないし、誰よりも愛着を感じていた会社からの転職は、ハードルが高かったようにも感じますが…転職先にアルトを選んだきっかけはなんだったのでしょうか?


代表の植村とメンバーの人柄に惹かれたからです。


自分の目指すことや取り組みたい仕事は明確でしたので、一緒に働く人にご縁を感じるかを重視していました。初回から植村との面談だったのですが、今まで会ってきた代表や面接官と比較して最も人柄に惹かれ、誰よりも私の内面を見てもらえたと感じました。

私の「ギャップ」があるところを「人を惹きつけるし面白い」と言ってもらえたことが決め手でした。今までの人生、会ってすぐにそう思ってもらえることは多くなかったため、本当に嬉しかったのです。


面談を初めてほどなく「あ、私の居場所はここだ」と感じるほど、自分の目指すものと会社のビジョンが重なっている心地よさも感じました。その後2回目、3回目他のメンバーともご面談の機会を頂き、それぞれのお話を通して、「チームアルトのメンバーとして働きたい!」と感じましたので、アルトへの入社を決めました。




-- 居場所と感じてもらえて、とても嬉しいです!アルトに入社してくれて本当にありがとう!実際チームアルトのメンバーになってからは約5ヶ月が経ちますが、働いてみて正直なところいかがでしょうか?


毎日が「お祭り」のような日々です!笑

それも、複数のお祭りを並行して開催しているイメージです。スタートアップに入るからにはスピード感や仕事量、裁量面で心構えしていたのですが、想定の6倍速くらいの感覚です笑 ※個人の感想です。


そんな日々ですが、「お祭り」という言葉で表現している通り、楽しいです。質の高い仕事に挑戦できること、日々成長を実感できること、なにより「thanks!」を通じてお客様の現場でポジティブなコミュニケーションが生まれていく様子を体感できることが最高に楽しいです。





-- クシモトさんありがとうございました!毎日が「お祭り」とはクシモトさんらしい表現ですね!さすがです!!

また、お話聞かせくださいね( ´ ▽ ` )ノ





次回は、東京都港区に本社を置く大手企業向けソフトウェアメーカーを新卒入社1ヶ月で退職した異色の経歴をもつチームアルトの期待の星をご紹介します。

©2019 by 株式会社アルト. Proudly created with Wix.com